勝訴件数が多い離婚弁護士の探し方

男女雇用機会均等法の施工は、女性の労働環境を飛躍的に向上させることに成功しました。さらに、企業は女性が働きやすい労働環境を提供するため、育児休業の拡大や託児所の併設など、福利厚生面でも多くの改善を行っています。これらの対策は、女性の企業への進出に大きな役割を果たした反面、離婚を助長する一因にもなりました。それまでも、離婚を希望する女性は少なくありませんでしたが、その後の生活が不安であることから踏み切れないでいたというのが実態です。また、世間体もあることから、多少条件が不利でも訴訟に訴えることなく、応じるしか術がなかったのです。最近では、離婚に対する世間の見方も変わってきたことから、条件については訴訟を起こしてでも闘う人が増えており、いかに「勝てる弁護士」に出会うかがポイントとなっています。

離婚弁護士に依頼することが重要である理由

訴訟に勝利するためには、その事案に強い弁護士や事務所と出会うことが必須とされています。というのも、裁判では一つの案件に対して、様々な見解が被告、原告の双方から示されます。その中で、裁判官に対して、納得性のある見解を示した方が勝利する仕組みになっています。つまり、弁護士の実力次第で勝訴することも敗訴することもあるという事なのです。俗に離婚弁護士と言われる人たちは、案件を特化し数々の裁判を経験してきています。事案を把握すれば、その時点でおおよその結論は見えていますが、相手方の弁護士の実力を見極めれば、さらに上積みの条件を引き出すことができるのです。そういった意味でも、離婚に特化した弁護士に依頼することは重要ですし、さらに特化した弁護士の中でも実力のある人に依頼することが大切なのです。

勝訴が期待できる離婚弁護士の探し方

離婚に特化した弁護士や事務所を探すためには、インターネットの比較サイトや口コミサイトを利用すると、比較的簡単に絞り込むことができます。この場合大切なのは、これまでどのくらいの案件を取り扱っているかという点です。裁判に勝訴するためには、これまで経験してきた事案の数が大きく影響します。日本の裁判では、離婚に限らず、今までの判例を重要視する傾向にありますから、より多くの判例を持っている事務所が強いとされているのです。そこで大切なのは、自分が依頼しようとしている地域での離婚に関する相談件数が多い事務所を探すことです。地域によって、裁判所の判決の傾向が異なりますので、その地域での判例を数多く持っていることが大切なのです。こういった事務所を探すには、インターネットのほか、その地域の弁護士会に相談すると教えてもらえます。そして、重要なのは、始めから1つに絞らず、複数の事務所の無料相談を利用して、実際に弁護士に会ってみることです。実際に会えば、親身になって話を聞いてもらえるのか、自分との相性が良いかが判断できますので、弁護士選びも納得できるものになります。